西東京市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ西東京田無店へお任せください!

スタッフブログ

アパート外壁塗装完全ガイド:重要性、費用、タイミング、業者選び

外壁塗装はアパートの美しさを保ち、建物の寿命を延ばすために欠かせないメンテナンスです。

しかし、どの塗料を選ぶべきか、費用はどのくらいかかるのか、最適な施工時期はいつなのか、悩むことも多いでしょう。

本記事では、外壁塗装の重要性、費用の内訳、適切な施工時期、そして信頼できる業者の選び方について詳しく解説します。

外壁塗装に関するあらゆる疑問に答え、成功させるための情報を網羅しました。

アパート外壁塗装の決定版ガイドとして、これからのメンテナンス計画にお役立てください。

 

୨୧ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー୨୧

ご覧いただきありがとうございます!

西東京市を中心に外壁塗装・屋根塗装&屋根リフォームを行っています。

❁創業38年❁ 地域密着!ショールーム完備

プロタイムズ西東京田無店|株式会社幸成です!

୨୧ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー୨୧

 

目次

アパート外壁塗装の重要性

アパートの外壁塗装は、建物の美観を保ち、物件価値を高めるために重要です。

外観の美しさと耐久性を維持し、防水効果も期待できます。

この記事では、外壁塗装の重要性とそのメリットについて詳しく解説します。

 

アパートの外観を保つための外壁塗装

 

外観美の維持

アパートの外観は、住民や訪問者にとって重要な印象を与えます。

外壁塗装を定期的に行うことで、建物の美しさを保ち、新築のような見た目を維持することができます。

特にアパートは、多くの人が利用するため、清潔で魅力的な外観を保つことが求められます。

外観が美しいアパートは、住民の満足度を高めるだけでなく、潜在的な入居者に対しても好印象を与えます。

 

物件価値の向上

外壁塗装は物件の価値を大きく向上させる要素です。

美しい外観は物件の魅力を高め、賃貸募集時や売却時に有利に働きます。

逆に、外壁が劣化していると物件の評価が下がり、収益に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、競争が激しい賃貸市場では、外壁塗装が行き届いた物件は、他の物件と差別化を図るための強力なポイントとなります。

 

外壁塗装のメリット

防水効果

外壁塗装には防水効果があり、雨水の侵入を防ぎます。

これにより、建物内部への水漏れを防止し、建物の寿命を延ばすことができます。

特に日本のような雨の多い地域では、防水効果が非常に重要です。

雨水の侵入が防がれることで、カビや腐敗の発生を防ぎ、住環境を快適に保つことができます。

 

耐久性の向上

外壁塗装は、建物の耐久性を向上させる役割も果たします。

塗装により外壁が保護され、紫外線や風雨からのダメージを軽減します。

これにより、建物の老朽化を遅らせ、長期的な維持費用を削減することができます。

定期的な外壁塗装は、建物の構造を強化し、長期にわたり安全で快適な住環境を提供するための重要な手段です。

 

アパート外壁塗装の種類と選び方

アパート外壁塗装にはさまざまな塗料があり、選び方次第で仕上がりや耐久性が大きく変わります。この記事では、主な塗料の種類と特徴、そして適切な塗料の選び方について詳しくご紹介します。

 

塗料の種類と特徴

 

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、比較的安価な塗料でひび割れに強いのが特徴です。

しかし、耐久性は他の塗料に比べて劣るため、定期的なメンテナンスが必要です。

劣化が早いため、5年程度で再塗装が必要になることが多いです。

 

シリコン塗料

シリコン塗料は、耐久性が高く、汚れに強い特徴があります。

また、防水性も優れており、長期間にわたり美しい外観を保つことができます。

そのため、多少のコストがかかるものの、長期的な視点で見るとコストパフォーマンスが高いと言えます。

シリコン塗料は、10年から15年の耐久性があり、メンテナンス頻度が低く済むため、長期的なコスト削減に繋がります。

近年ではフッ素並みの耐久性のあるシリコン塗料も流通されてます。

 

フッ素塗料

フッ素塗料は、さらに高い耐久性を持ち、約20年程度の寿命があります。

非常に優れた耐候性と防汚性を持ち、高層建築物や特に厳しい環境条件下での使用に適しています。

そのため、初期費用は高額ですが、長期的に見れば再塗装の頻度が少なく済み、結果的に経済的です。

 

無機塗料

無機塗料は、無機物を主成分とする塗料で、耐久性が非常に高く、約25年の寿命を持ちます。

無機塗料は、紫外線や熱に非常に強く、劣化しにくい特徴があります。これにより、建物の長寿命化に貢献し、メンテナンスコストの削減が期待できます。

 

>>人気の塗料ランキング

 

適切な塗料の選び方

 

予算に応じた選び方

塗料選びの際には、予算も重要な要素です。

ウレタン塗料は初期コストが低いため、予算が限られている場合に適しています。

一方、シリコン塗料やフッ素塗料は初期コストが高めですが、メンテナンス頻度が低いため、長期的な視点で見ると経済的です。

建物の使用目的や寿命計画に応じて、最適な塗料を選ぶことが重要です。

 

>>塗装プランと価格

 

環境に応じた選び方

塗料の選び方は、建物が立地する環境にも大きく影響されます。

海沿いの地域では塩害に強い塗料を選ぶ必要があります。

また、都市部では排気ガスや汚れが付着しやすいため、汚れに強い塗料を選ぶことが重要です。

さらに、日照時間や風雨の影響を考慮し、最適な塗料を選ぶことで、長期間美しい外観を維持することができます。

 

建物の用途に応じた選び方

アパートの用途や住民のニーズに応じて、塗料を選ぶことも重要です。

例えば、家族向けのアパートでは、安全性や環境に配慮した低VOC(揮発性有機化合物)の塗料を選ぶことが求められます。

また、高級志向のアパートでは、フッ素塗料や無機塗料を使用することで、高級感と長期的な美観を提供することができます。

 

アパート外壁塗装の費用と相場

外壁塗装の費用は、使用する塗料や施工範囲によって異なります。

この記事では、費用の内訳や相場、地域や物件の規模による違いについて詳しく説明し、予算計画の参考にしていただけます。

 

外壁塗装にかかる費用の内訳

 

材料費

外壁塗装の費用の一部は、使用する塗料の材料費です。

塗料の種類や品質によって価格は大きく異なります。

高品質の塗料を使用することで、塗装の耐久性や美観を長く保つことができます。

 

施工費

外壁塗装のもう一つの大きな費用は施工費です。

塗装業者の経験や技術、作業の難易度によっても費用は変動します。

信頼できる業者に依頼することで、高品質な仕上がりを期待できます。

 

その他の費用

外壁塗装には、材料費と施工費以外にもいくつかの費用が発生します。

仮設足場の設置費用や、高圧洗浄による下地処理の費用などがあります。

これらの費用も事前に見積もりに含まれることが一般的です。

 

 

相場とその変動要因

 

地域ごとの違い

外壁塗装の費用は、地域によって異なります。

都市部では人件費が高くなる傾向があり、その分費用も高くなります。

一方、地方では比較的安価に施工できることが多いです。

地域の経済状況や業者の競争状況も影響を与えます。

東京や大阪のような大都市では、他の地域と比べて20%から30%高い費用がかかることがあります。

 

物件の規模による違い

アパートの規模や形状によっても費用は大きく変わります。

大規模なアパートや複雑な形状の建物では、塗装に必要な時間や労力が増えるため、費用も高くなります。

見積もりを取る際には、具体的な建物の情報を提供することが重要です。

3階建て以上のアパートや特殊なデザインを持つ建物では、通常の費用に加えて追加の施工費や材料費が発生することがあります。

 

塗料の選択による違い

使用する塗料の種類によっても費用は大きく変わります。

ウレタン塗料は比較的安価で、シリコン塗料やフッ素塗料は高額です。

高品質な塗料を使用することで、長期的なメンテナンスコストを削減できるため、初期費用と長期的なコストを比較して選ぶことが重要です。

 

アパート外壁塗装のタイミング

外壁塗装のタイミングは、仕上がりや耐久性に大きく影響します。

春や秋が最適とされていますが、季節ごとのメリットとデメリットも存在します。

この記事では、最適な塗装時期とその理由について解説します。

 

最適な塗装時期とは

 

春の塗装

春は外壁塗装に適した時期です。

気温が安定しており、湿度も適度であるため、塗料が乾燥しやすく、作業がスムーズに進みます。

また、新生活のスタートに合わせて、アパートの外観を一新するのも良いタイミングです。

春の塗装は、特に気温が15度から25度の間で安定している日が続くため、塗料が均一に乾燥しやすいです。

 

秋の塗装

秋も外壁塗装に適した季節です。夏

の暑さが落ち着き、涼しい気候の中で作業が行いやすくなります。

また、冬の寒さや雪が降る前に塗装を済ませることで、建物をしっかりと保護することができます。

秋の塗装は、特に湿度が低く、塗料が早く乾燥するため、作業効率が高まります。

 

季節ごとのメリットとデメリット

 

夏の塗装のメリットとデメリット

夏は日照時間が長く、作業が進みやすい時期です。

しかし、気温が高すぎると塗料が早く乾きすぎてしまい、ムラができる可能性があります。

また、作業員にとっては過酷な環境となるため、休憩時間の確保が必要です。

特に、気温が35度以上になる日には、塗料の揮発性が高まり、仕上がりにムラが出るリスクが増します。

 

冬の塗装のメリットとデメリット

冬の塗装は、湿度が低く、塗料が安定して乾燥しやすいというメリットがあります。

しかし、気温が低すぎると塗料がうまく乾かないことがあり、塗装が難しい時期でもあります。

また、雪や雨の影響を受けやすい点にも注意が必要です。

特に、気温が5度以下になる日には、塗料の乾燥が遅くなり、作業時間が長引くことがあります。

 

梅雨の塗装のメリットとデメリット

梅雨の時期は、湿度が高く雨が多いため、外壁塗装には不向きな季節です。

しかし、業者の予約が取りやすく、費用が割引されることもあります。

塗料の乾燥に時間がかかるため、施工期間が延びる可能性がありますが、適切な対策を講じることで梅雨時期の塗装も可能です。

 

>>外壁塗装の最適な時期を徹底解説|季節ごとのメリットと注意点

 

アパート外壁塗装の施工プロセス

外壁塗装は準備から施工まで複数のステップを経て完成します。

住民への説明や仮設足場の設置、高圧洗浄や下地処理など、具体的な施工プロセスを理解することで、安心して施工を進めることができます。この記事では、その詳細を紹介します。

 

施工前の準備

 

住民への説明

アパートの外壁塗装を行う際には、事前に住民への説明が必要です。

作業のスケジュールや影響を説明し、住民の理解と協力を得ることが大切です。

特に、騒音や仮設足場の設置については詳しく説明しましょう。

 

仮設足場の設置

安全に作業を行うためには、仮設足場の設置が必要です。

足場を設置することで、高所での作業が安定し、安全に進められます。

また、足場の設置は工事の初期段階で行われるため、住民への事前通知が重要です。

仮設足場の設置には、作業スペースの確保と安全対策が含まれ、適切な計画と管理が求められます。

 

施工の流れ

洗浄作業

外壁塗装の第一ステップは、外壁の洗浄作業です。

高圧洗浄機を使用して、汚れやカビ、古い塗料をしっかりと取り除きます。

これにより、新しい塗料がしっかりと密着し、美しい仕上がりが期待できます。

洗浄作業は、塗装の品質を左右する重要なプロセスであり、丁寧な作業が求められます。

 

下地処理

洗浄後は、下地処理を行います。

ひび割れや欠けている部分を補修し、平滑な表面を作り上げます。

下地処理を丁寧に行うことで、塗料の仕上がりが均一になり、長持ちする塗装が可能になります。

下地処理には、フィラーやシーリング材を使用し、外壁の状態に応じた最適な方法を選択します。

 

下塗りシーラー塗布

下地処理が完了したら、シーラーを塗布します。

シーラーは、下地と上塗り塗料の密着性を高め、塗料の剥がれを防ぐ役割があります。

シーラーの種類は、使用する塗料や外壁材によって異なり、適切なものを選ぶことが重要です。

 

中塗り・上塗り作業

下塗りシーラーの塗布が完了したら、中塗りと上塗りを行います。

中塗りは、塗膜の厚みを確保し、上塗りの仕上がりをサポートする役割があります。

上塗りは、最終的な色と光沢を決定する工程であり、耐久性や美観に直接影響を与えます。

中塗りと上塗りの間には、適切な乾燥時間を確保し、均一で美しい仕上がりを目指します。

 

>>初心者でも安心!外壁塗装の流れを分かりやすく解説

 

アパート外壁塗装のタイミングの見分け方

アパートの外壁塗装を行う最適なタイミングを見分けることは、建物の美観と耐久性を維持するために非常に重要です。

この記事では、外壁塗装のタイミングを見分けるためのポイントについて解説します。

 

見分けるためのサイン

 

ひび割れや剥がれ

外壁にひび割れや塗膜の剥がれが見られる場合、塗装の劣化が進んでいるサインです。

これらの問題は、放置すると水漏れや建物の構造に悪影響を及ぼす可能性があるため、早急な対応が必要です。

ひび割れや剥がれは、特に雨水の侵入を招きやすく、内部の腐食やカビの発生を引き起こすため、見逃さないようにしましょう。

 

色あせやチョーキング現象

外壁の色あせや、手で触ると白い粉が付くチョーキング現象も塗装の劣化のサインです。

これらの現象は、塗膜が紫外線や風雨によって劣化していることを示しています。

特に南向きの外壁は紫外線の影響を受けやすく、色あせが早く進行する傾向があります。

 

カビや藻の発生

外壁にカビや藻が発生している場合も、塗装の劣化を示すサインです。

湿気が多い場所や日当たりが悪い場所で発生しやすく、見た目の悪化だけでなく、建物の構造にも悪影響を及ぼす可能性があります。

カビや藻が広がる前に対策を講じることが重要です。

 

>>外壁塗装の塗り替えサイン

 

定期点検の重要性

 

専門業者による点検

定期的に専門業者による点検を行うことで、塗装の状態を正確に把握し、適切なメンテナンス時期を見極めることができます。

点検は、少なくとも5年に一度行うことが推奨されます。

専門業者は、外壁の細かなひび割れや塗膜の剥がれなど、自分では気づきにくい問題も発見してくれます。

 

自己点検のポイント

自分で点検する際は、ひび割れや剥がれ、色あせの他にも、カビや藻の発生、雨漏りの痕跡などをチェックします。

異常が見つかった場合は、早めに専門業者に相談しましょう。

自己点検は、季節の変わり目や大雨の後など、外壁にストレスがかかった時期に行うと効果的です。

 

アパート外壁塗装で入居率を上げる方法

アパートの外壁塗装は、入居率を向上させるための効果的な手段です。

外観を美しく保ち、住環境を向上させることで、入居者の満足度を高め、空室率を減少させることができます。

この記事では、外壁塗装を通じて入居率を上げる方法について詳しく解説します。

 

外観の魅力を高めるデザイン

 

色の選び方

外壁の色は、建物全体の印象を大きく左右します。

明るく清潔感のある色や、周囲の環境に調和する色を選ぶことで、入居者に好印象を与えることができます。

また、トレンドカラーを取り入れることで、モダンで魅力的な外観を演出することも効果的です。

自然な緑や青などの落ち着いた色合いは、住む人に安心感を与えます。

 

アクセントカラーの活用

建物の一部にアクセントカラーを使用することで、個性的で目を引くデザインに仕上げることができます。

玄関周りやバルコニー、窓枠などにアクセントカラーを取り入れることで、建物全体のデザイン性が向上します。

アクセントカラーは、建物の個性を引き出し、入居者の印象に残る外観を作り出すのに役立ちます。

 

>>外壁塗装・屋根塗装の色選び

 

住環境の向上

 

防汚効果の向上

防汚効果のある塗料を使用することで、外壁に汚れが付きにくくなります。

これにより、建物の美観を長期間保つことができ、定期的な清掃の手間も減少します。

防汚塗料は、特に都市部や風が強い地域での使用に適しています。

 

断熱効果の向上

断熱効果のある塗料を使用することで、室内の温度を快適に保ち、エネルギー効率を向上させることができます。

これにより、入居者の光熱費を削減し、経済的なメリットを提供することができます。

断熱効果のある塗料は、夏は涼しく冬は暖かい快適な住環境を提供し、入居者の長期滞在を促進します。

 

アパート外壁塗装の業者の選び方

外壁塗装の成功には、信頼できる業者の選定が欠かせません。

この記事では、適切な業者を選ぶためのポイントと注意点について解説します。

 

業者選定のポイント

実績と経験

長年の実績と豊富な経験を持つ業者を選ぶことが重要です。

過去の施工事例や創業年数を確認し、高品質な仕上がりを提供している業者を選びましょう。実績のある業者は、さまざまな状況に対応できる技術力と信頼性があります。

 

資格と認証

外壁塗装には専門的な知識と技術が必要です。

適切な資格や認証を持っている業者を選ぶことで、安心して依頼することができます。

建設業の許可証や診断士の資格を持つ業者は、信頼性が高いです。また、業界団体の認定を受けている業者は、一定の品質基準を満たしていることが保証されます。

500万円を超えるような工事は建設業法で定められている建設業許可証がないと工事を行うことができませんので、建設業許可の有無を確認することも重要です。

 

業者選定の注意点

 

見積もりの比較

複数の業者から見積もりを取り、費用や内容を比較することが重要です。

安価な見積もりに飛びつかず、詳細な内訳や施工内容を確認し、適正な価格で高品質なサービスを提供する業者を選びましょう。

見積もりの比較では、費用だけでなく、使用する塗料の種類や施工方法も確認することが重要です。

 

アフターサービスの確認

施工後のアフターサービスや保証内容を確認することも重要です。

万が一問題が発生した場合に、迅速に対応してもらえる業者を選ぶことで、長期的に安心して利用できます。

アフターサービスが充実している業者は、施工後のトラブルにも責任を持って対応してくれるため、信頼性が高いです。

 

よくある質問(Q&A)

Q1: 外壁塗装の最適な時期はいつですか?

A1: 外壁塗装の最適な時期は、気温が安定しており湿度も適度な春(4月から6月)や秋(9月から11月)です。

これらの季節は塗料の乾燥が均一に進み、美しい仕上がりが期待できます。

 

Q2: 外壁塗装の費用はどのくらいかかりますか?

A2: 外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類や建物の規模、施工範囲によって異なります。一般的には、2階建てのアパートの相場で150万~200万程度です。見積もりを取る際には、複数の業者から比較することをお勧めします。

 

Q3: 外壁塗装に使用する塗料の選び方は?

A3: 塗料の選び方は、予算や建物の立地条件、使用目的によって異なります。ウレタン塗料は安価でひび割れに強いですが、シリコン塗料は耐久性が高く汚れに強いです。さらに耐久性を求めるならフッ素塗料や無機塗料を選ぶと良いでしょう。

 

Q4: 外壁塗装の施工期間はどのくらいですか?

A4: 外壁塗装の施工期間は、建物の規模や天候条件によって異なりますが、一般的には1週間から2週間程度です。天候が悪化すると工期が延びることもありますので、余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。

 

Q5: 外壁塗装の際に住民への影響はありますか?

A5: 外壁塗装中は、騒音や仮設足場の設置により住民に一時的な影響があります。

事前に住民に対して作業内容やスケジュールを説明し、理解と協力を得ることが重要です。

 

Q6: 外壁塗装のメンテナンス頻度はどのくらいですか?

A6: 外壁塗装のメンテナンス頻度は、使用する塗料の種類によって異なります。

ウレタン塗料は5年から7年、シリコン塗料は10年から15年、フッ素塗料や無機塗料は20年以上持つことがあります。

定期的な点検を行い、早めに劣化を発見して対策を講じることが重要です。

 

まとめ

アパートの外壁塗装は、物件の魅力を維持し、入居率を向上させるための重要な施策です。

塗料の選び方や施工時期の見極め、そして信頼できる業者の選定が成功の鍵を握ります。

定期的な点検を行い、ひび割れや色あせ、カビの発生といった劣化サインを見逃さないことが大切です。

防音や断熱効果のある塗料を使用することで、住環境を改善し、入居者の満足度を高めることができます。

外壁塗装は、初期費用だけでなく、長期的な視点でのコストパフォーマンスも考慮することが重要です。

これにより、建物の価値を維持し、魅力的な住まいを提供することができます。

 

 

❁最後までご覧いただきありがとうございます❁

創業から38年西東京市の外壁塗装専門会社プロタイムズ西東京田無店|株式会社幸成です。

プロタイムズ西東京田無店では西東京市を中心に地域密着で外壁塗装・屋根塗装&屋根リフォームを行なっております。

武蔵野市、小金井市、三鷹市、小平市、東久留米市の地域もご対応可能です。

お家やマンション・アパートの外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

プロタイムズ西東京田無店|株式会社 幸成

〒202-0023 東京都西東京市新町5-9-15 ショールーム

【フリーダイヤル】 0120-966-128

【営業時間】 9:00~19:00

【定休日】 日曜・祝祭日

【HP】 https://www.kosei-gaiheki.jp/

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE公式アカウント
to top