外壁塗装に欠かせない養生について

養生

外壁塗装を行うには養生は欠かせないものになります。

養生とは塗料の飛散から非塗装物を守るためにビニールなどを使用して行います。

養生を行わないまま塗装を行えば塗料が飛散してしまい弁償などのトラブルの原因にもなります。

養生を行う対象物は戸建ての住宅の場合ほとんどがサッシになります。

養生してしまったら窓が開けれなくなってしまうのではないかといった心配もあります。

工事期間中は窓の開閉が難しくなりますが夏場や冬場にエアコンが使えないということはありません。

外壁塗装において養生は基本的ことになりますので養生の仕方が綺麗な業者は仕事もとても綺麗です。

だらしない養生や無駄な養生が多い業者は仕事も雑になりがちな印象があります。

塗装工事を行う職人がはじめに覚える作業として養生が基本にもなってきますので、綺麗な状態で引き渡すのにとても重要な作業と言えます。

 


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。