外壁塗装によく使用される塗料とは?

外壁塗装は非常にたくさんの塗料が出ています。

一般の方が何を基準にして選べばいいのか難しいと思います。

外壁塗装の塗料には長持ちする塗料もあれば寿命の短い塗料まで様々です。

予算に合わせた塗料を使用したい、長持ちする塗料をしたい、できるだけ費用を抑えたいので安いものでいいと思う方もいます。

そんな中でよく外壁塗装で使用される塗料とは何かを書いていきます。

外壁塗装の塗料には一般的にウレタン・シリコン・フッ素とこの3種類が代表的な塗料になります。

この中でもシリコン塗料がとても流通量が多く、外壁塗装の塗り替えに使用されています。

なぜシリコン塗料が一番使用されているのかはウレタンやフッ素塗料に比べて、価格帯・耐久性のバランスが一番程よく取れているからです。

ウレタン塗料はシリコン塗料に比べて耐久性に劣り、価格帯も現在のシリコン塗料とではそこまで大きな差がありません。

一方フッ素塗料は耐久性は抜群に良いのですがシリコン塗料やウレタン塗料に比べて価格帯が倍近くにもなってしまうため敬遠されがちになります。

その中でやはりシリコン塗料が価格帯・耐久性のバランスがよく一番使用率の高い塗料になります。

【まとめ】

塗料にはウレタン・シリコン・フッ素と大きく分けて3種類になる。

ウレタンは価格は安いが耐久性に劣る。

シリコンは価格帯はウレタンより若干高いが耐久性が高い。

フッ素は価格帯・耐久性ともに高い。

シリコンは価格・耐久性のバランスが良く使用されやすい塗料

 


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。