外壁塗装の工事にかかる日数について

外壁塗装は各工程ずつ作業を進めていくので日数を要します。

外壁塗装というものは塗料を塗っていきますので乾燥工程が必要となり、一日で終わらせることは難しくなります。

塗料にはメーカーの指定する乾燥時間がありそれを守ることで塗料性能そのものを発揮することができます。

まず一般的な一戸建ての建物では屋根塗装・外壁塗装・付帯塗装と3つに分けられます。

外壁塗装の塗り替えは10年に一度の目安で行われることが多いので汚れなどの付着物が外壁についていますので汚れを落とさずに塗ってしまうと密着力が悪く、塗料の剥がれの原因にもなります。

そのために一番初めに行われる作業として足場の組み立て作業から始まります。

足場の組み立て作業で一日ほどはかかります。

そのあと高圧洗浄作業で一日かかってしまうので乾燥も含め2日ほど日数を所要します。

高圧洗浄が終われば次に下地補修やサイディングの外壁であればシーリング工事に入ります。

これらの工事で乾燥も含めおおそよ2日〜3日間はかかります。

この間に外壁塗装とは別で屋根塗装を同時進行できますので屋根塗装で3日間程度要します。

下地補修やシーリング工事が終われば次に外壁塗装を行うのに必要な養生作業に入ります。

養生作業で半日〜1日程度でその後塗りの作業に入る流れとなります。

塗り作業は下塗り・中塗り・上塗りと計3回塗りが基本です。

それぞれの作業は1日1工程が基本となり計3日間塗りの作業にかかります。

外壁塗装・屋根塗装と終われば次に付帯塗装です。

付帯塗装は樋や破風と言った外壁とは別に付属している部分の塗装を言います。

付帯塗装で2日間程度はかかります。

付帯塗装を終えて検査・手直しで1日、その後足場解体へと進みます。

足場解体も半日〜1日で終わり清掃をして完了となります。

ここまでの流れをまとめますと次の通りになります。

【まとめ】

  1. 足場組み立て    ・・・1日
  2. 高圧洗浄      ・・・1日 (外壁・屋根を含む)
  3. 下地補修・シーリング・・・3日
  4. 屋根塗装      ・・・3日 (下地補修など同時進行可能)
  5. 養生        ・・・1日
  6. 外壁塗装      ・・・3日
  7. 付帯塗装      ・・・2日
  8. 検査・手直し    ・・・1日
  9. 足場解体・清掃   ・・・1日

合計日数 16日間

外壁塗装の工事にかかる日数としておおよそ2週間ほどかかることがわかります。

建物の規模や行う作業内容により変わりますが2週間ほどが外壁塗装にかかる日数の目安となります。

雨や強風で作業ができない場合はもう少し日数は伸びることになります。

極端に短い工事期間での作業は手抜き工事がおこわなれる可能性があるので注意しましょう。


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。