雨の日に外壁塗装はできるのか?

雨の日の外壁塗装

外壁塗装は天気に左右されやすい工事です。

「雨の日に外壁塗装はできるのだろうか?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

雨の日に外壁塗装を行なった場合どんな影響が出るのかぜひ参考にしてください。

1.雨による外壁塗装の影響

雨が降った日は外壁塗装にどのような影響を及ぼしてしまうのかこれから外壁塗装を行なう方は参考にしてみてください。

1-1.雨の日の外壁塗装は中止になります

雨の日に外壁塗装は基本的にはできません。

外壁塗装では水性塗料が使用されることが一般的に多く、塗ったとしても雨で流されてしまいます。

溶剤形(油性)塗料を使用したとしても雨に当たってしまうと後々の品質に大きな影響を及ぼしてしまいます。

1-2.工期が延長してしまう

雨が続いてしまうと工期を延長しなくてはいけません。

雨が降り続けばその分工期がずれてしまい工事期間が長くなります。

1-3.品質や仕上がりに影響が出る

雨の日に外壁塗装を行なってしまうと品質に大きな影響を及ぼします。

光沢が極端に低下したり、塗膜の剥がれなどが発生する可能性があります。

2.外壁塗装の途中で雨が降った場合はどうするのか?

外壁塗装を行なっている最中に急に天候が悪くなり雨が降ってしまうことがあります。

その様な場合どのように対応しているかを解説します。

2-1.すぐに作業を中止する

塗ったところに雨が当たってしまうと塗料が流されてしまい品質の影響や周辺を汚してしまうためすぐに作業を中止します。

2-2.雨養生を行う

塗ってしまったところに雨が当たらないようにブルーシートなどで雨養生を行います。

雨養生を行うことで直接雨が当たることを防ぎます。

3.雨に当たってしまった外壁塗装の影響

雨が当たってしまった外壁塗装にはどんな影響が出てしまうのかを詳しく解説していきます。

3-1.塗料が流されてしまう

外壁塗装には水性塗料を使用していることが多く、塗料が乾燥する前に雨が直接当たってしまうと雨と一緒に塗料が流されてしまいます。

3-2.塗膜の剥がれや塗膜のひび割れが起きる可能性がある

雨が当たってしまいそのまま塗料が乾燥してしまった場合、後々塗膜の剥がれや塗膜のひび割れが発生する可能性があります。

3-3.雨水の流れた跡が残ってしまう

乾燥していない塗料に雨が当たってしまうと雨水の流れた跡がそのまま残ってしまい美観が損なわれてしまいます。

4.高圧洗浄だけは雨の日に行えます

外壁塗装の中でも唯一行える作業が「高圧洗浄」です。

高圧洗浄は水しぶきが発生しますので雨の影響で近隣への負担が減ることから雨の日には一番適している作業です。

雨の日には近隣の方も洗濯物などを干したりしないのでとても作業がしやすい環境です。

また汚れを高圧洗浄機で落としていくのでホコリなども近隣に飛ぶことがないので雨の日に高圧洗浄を行うのは理想的な環境です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装を雨の日に行ってしまうと品質に大きな影響を及ぼしてしまうリスクがあります。

天気予報のチェックなども欠かせませんので天気が悪くなりそうな日は業者に作業の有無を確認するようにしましょう。

雨の日には作業を行わないのが一番のリスク回避になります。

雨の日にできる外壁塗装の作業は高圧洗浄以外は出来ませんので注意してください。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

西東京市の外壁塗装専門会社プロタイムズ西東京田無店|株式会社幸成です。

プロタイムズ西東京田無店では西東京市を中心に地域密着で外壁塗装・屋根塗装を行なっております。

外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

プロタイムズ西東京田無店|株式会社 幸成

〒202-0023 東京都西東京市新町5-9-15

【フリーダイヤル】 0120-966-128

【FAX】 042-238-9159

【HP】 https://www.kosei-gaiheki.jp/

プロタイムズ西東京田無店

創業から30年、西東京市の外壁塗装でお悩みの方は

「プロタイムズ西東京田無店」へぜひお任せください!!

西東京市を中心に外壁塗装を行っているプロタイムズ西東京田無店では地域密着で地元の外壁塗装を行なっております。皆様に安心して頂ける様に外装劣化診断士による建物診断やライフプランに合わせた複数の御見積りをご提出しております。