見逃さない外壁塗装の劣化サイン

外壁塗装を行うタイミングを見極めるのはプロではない限り難しいのが外壁塗装です。

一般の方でも外壁塗装の劣化サインを見極められる症状がいくつかあります。

まず外壁塗装には建物の部材を長持ちさせたり、水を吸い込みにくくしたりするなどして守る役割があります。

外壁塗装を行ったばかりの塗膜は水を弾きやすく汚れもつきにくくなっています。

年数が経つにつれ紫外線の影響などにより必然的に劣化してしまいます。

チョーキング現象

外壁塗装の劣化サインの症状の見極め方としてまず挙げられるのがチョーキング現象です。

チョーキング現象とは塗ってあった塗膜が粉状になり触ると手が白くなることをいいます。

この状態は塗膜本来の機能を完全に失っている状態で水を吸い込みやすい状態といえます。

このような症状の場合はあまり長く放置しないことが重要になります。

 

ひび割れ【ヘアークラック】

次にひび割れについてです。

塗膜の劣化により起こるケースと構造によるひび割れとありますが塗膜によるひび割れの場合はヘアークラックといい塗膜の劣化により起こる現象でもあります。

クラックがいくつも見られる場合は雨漏りの原因にもつながるので劣化のサインとしては見逃してはいけない症状ですので早めの対応を心がけましょう。

 

艶の有無

もっとも分かりやすい症状が艶の有無です。

元々の塗装してあった塗料が艶のある塗料で塗ってあった場合の症状になりますが本来つやのあった塗料につやが無くなってしまうのは劣化している状態です。

完全に塗膜の機能を失っているわけではありませんが長い年数放置してしまうとチョーキング現象に繋がります。

 

苔・カビ

最後に外壁の汚れや苔・カビの発生です。

はじめは塗料も汚れが付きにくくなっていますが機能が劣化してくると汚れやすくなります。

特に湿気が多い場所などでは汚れのほかに苔やカビが発生してしまいます。

見た目にもわかりやすいのでこのような症状が見られたら外壁塗装の計画を少しずつ経てていくといいでしょう。

 

最終的にはプロの目線で診てもらい外壁塗装を行うには適正な時期なのかを診断してもらいましょう。

まだ外壁塗装が必要な状態ではないのに営業トークに乗せられて行うようなことは絶対にしないように気をつけましょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。