無視することのできない外壁塗装のひび割れ【ヘアークラック、構造クラック】

外壁塗装のひび割れにはいくつかの種類がありますが特に注意しなくてはならないひび割れがあります。

ヘアークラック

木造住宅などのモルタル外壁の場合、吹付塗装やジョリパット(意匠塗装)で仕上げを行われている建物が多いですが、細かいヘアークラックというものが年数が経つと目立つようになってくると思います。

ヘアークラック

ヘアークラック

ヘアークラックは細かい細いひび割れのことを指しますがこれは塗膜の劣化から発生するひび割れのことですぐに対処必要なひび割れではありません。

この様なひび割れは塗替えの時に下塗り材の微弾性フィラーなどで十分対応できるひび割れです。

構造クラック

一番注意しなくてはならないのが構造クラックと呼ばれるひび割れです。

構造クラックというのは構造上の欠陥から発生したり地震などの大きな揺れにより生じた歪みにより発生するなど建物に大きな負担がかかったときに発生するひび割れです。

さきのヘアークラックと違い構造クラックは塗膜よりも外壁のモルタルのひび割れが根元から割れてしまうため、水が建物内部に侵入しやすい状態になり雨漏りの発生原因となってしまいます。

基本的な補修方法としてはUカットと呼ばれる方法で電動サンダーを用いてひび割れに沿ってカットしていく方法です。

Uカット

Uカット

Uカット後

構造クラックの場合Uカットするとひび割れが見えます

電動サンダーでカットした後にシーリングを充填して補修を行います。

※サイディングの外壁ではこのような補修方法は行いません。

 

雨が入り込むような状態を放置してしまうと下地が腐ってしまい大きな損失を被ることになり内部の構造にも大きな影響を与える可能性があるので、大きなひび割れを見つけたら放置せずに早めに対処するようにしましょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。