外壁塗装は3回塗りが基本

外壁塗装は3回塗りが基本となります。

どのメーカーの仕様書を見ても3回塗りとなっています。

3回塗りの基本は下塗り、中塗り、上塗りの3工程になります。

下塗り

下塗りは上塗り材との密着力の向上や下地の調整を行うために塗ります。

下塗りを省いて上塗りだけ塗ってしまうと塗料がうまく密着せず剥がれの原因になります。

中塗り、上塗りと塗り重ねることで塗料の本来の機能を発揮できます。

中塗り・上塗り

中塗りを抜いて下塗り、上塗りと2工程で終わらせてしまうと手抜き工事となり適正な塗膜が確保できない為、耐久性・耐候性などに問題が生じます。

中塗り、上塗りと乾燥時間を設けずに塗り重ねていく行為もNGです。

乾燥した塗膜の上に塗り重ねていかなくては意味がありません。

またメーカーの推奨する規定量以上の水やシンナー等で薄めた塗料を3回塗っても適正な厚みを確保できない為こういった行為もNGです。

下地の状態が極端に悪い場合は下塗りを2回塗ることがありますが外壁塗装は3回塗りが基本となります。

厚く塗りすぎても不具合の発生する原因ともなるのでメーカーの仕様書に沿って行う事が重要となります。

お問い合わせ

 


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。