外壁塗装の耐久年数

外壁塗装耐久年数

外壁塗装には塗料によって耐久年数に違いがあります。

最近の外壁塗装で使用される塗料の主流がシリコン系の塗料になっておりシリコン塗料の耐久年数がおおよそ10年~15年となっています。

10年~15年というのはシリコン塗料にも様々な種類がありシリコンの中でも塗料のグレードがあるので10年~15年という記述になります。(シリコン塗料の種類はまた別の記事として書きます)

基本的に外壁塗装を行う時には光沢のある塗料を塗ることが多いのですが、耐久年数の目安としてみるのが艶が引けてきてチョーキング現象を起こしていないかというのが目安になってきます。(チョーキング現象とは塗料が粉状になり触ると手に白い粉がつくことをいいます)

艶のある塗料の艶が無くなってくると水を吸い込みやすくなり外壁の下地を劣化させてしまう恐れがあり、塗膜が剥がれてきたりひび割れが起きやすくなってきてしまいます。

こういったことを未然に防ぐ為に10年に一度外壁塗装を行い建物をメンテナンスしてあげます。

また耐久年数の長い塗料を使用して外壁塗装を行えば次回の塗替えの期間を延ばすこともできますので外壁塗装を行う時は耐久年数に見合った塗替えの計画を立てるといいでしょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。