外壁塗装の工事中の換気【エアコンの使用】

外壁塗装では建物を塗る時に養生というものを行います。

養生は塗装をしない・できない部分を塗料が付かないようにビニールなどで覆っていきます。

この際に窓などを養生していきますので窓が開けられないなど換気について心配されると思います。

窓を開けられるようにできます

作業中は窓を開けることは難しくなりますが事前に窓を開けられるようにしてほしいというご相談があれば窓を開けられることは可能になります。

安全性を考え作業中に窓から顔や手を出さないなど気を付けなければなりません。

但し、材料によってはニオイがきついものがあるので窓を開けてしまうとニオイが中に入ってしまう恐れがありますので業者とよく相談の上窓を開けるようにしましょう。

 

エアコンは使えます

夏場や冬場のエアコンの使用についても使用ができるように養生しますので使用できなくなるといった心配はございません。

換気扇の使用についても使用できるように養生を行います。

 

外壁塗装では水性塗料や溶剤塗料といった種類の塗料を使用しますので材料によっては建物内にニオイがしてしまうことがあります。

ニオイがあまりないといわれる水性塗料でも多少ニオイがしてしまうので換気扇を回すなどして室内換気を行うといいでしょう。

換気について気になる方は外壁塗装を行う前によく業者と相談してから工事を行うようにしましょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。