外壁塗装の工事の流れ

外壁塗装の工事では始まりから終わりまでどのような流れで工事が行われているのか気になるところだと思います。

在宅が必要なのかどうかどの様に対応すればよいのか一連の流れを知っておくことで不安を解消していきましょう。

 

1.足場の設置

外壁塗装を行うのにまず欠かせないのが足場の設置です。

戸建て住宅足場

足場の設置

 

 

 

 

 

 

足場を設置することで足元が安定しますので職人さんが安全に作業を行うことが出来ます。

安全に作業ができることは仕上がりや品質にも影響しますので必ず必要になります。

ごく稀にですが梯子だけで一戸建ての外壁塗装を行っているところを何度か見かけたことがありますが非常に危険ですので足場は必ず設置して行います。

 

2.高圧洗浄

足場設置の後は高圧洗浄の作業を行います。

高圧洗浄

高圧洗浄

 

 

 

 

 

 

高圧洗浄で建物についている汚れを落として塗料の密着を良くします。

汚れを落とさないまま塗装を行うと密着不良などで剥がれの原因につながります。

 

3.下地補修

ひび割れなどの下地補修が必要な場合には補修作業を行います。

下地補修

下地補修

 

 

 

 

 

 

下地の状況によって補修方法が異なってきます。

適切な補修をすることで雨漏りの防止やひび割れの再発を予防します。

 

4.養生

次に塗装を行う前に塗らない部分を養生していきます。

養生

養生

 

 

 

 

 

 

養生とは塗料などが付着しないようにビニールなどを使用して覆います。

主にサッシや玄関扉、床などを養生します。

 

5.下塗り

養生が終われば次は下塗りを行います。

下塗り

下塗り

 

 

 

 

 

 

下塗りは上塗りとの密着を良くする為や下地の状態を整えるために行います。

外壁の下地素材や上塗りの材料によって下塗りの種類が変わります。

主にシーラーやフィラーと呼ばれるものに分類されます。

 

6.中塗り

下塗りがしっかりと乾いたら次に中塗り作業に入ります。

中塗り

中塗り

 

 

 

 

 

 

中塗りは上塗りに使用する塗料と同じものを使用します。

 

7.上塗り

下塗り同様に中塗りをしっかりと乾かしてから上塗り作業に入ります。

上塗り

上塗り

 

 

 

 

 

 

上塗りは中塗りが乾いていれば同じものを塗っていても色の違いがはっきりとわかります。

上塗りが乾いたら養生を外していきます。

 

8.付帯塗装

外壁の塗装が終わったら最後に付帯の塗装です。

付帯の塗装では外壁以外の部分で塗装可能な箇所を塗っていきます。

代表的なので言えば樋・破風・水切りなどになります。

付帯塗装

付帯塗装

 

 

 

 

 

 

9.足場解体・完了

付帯の塗装が終わればあとは手直しなどがないか検査を行います。

特に問題等なければ足場の解体作業になります。

足場の解体が終わり敷地内の清掃や下回りの確認を行い完了です。

完了

 

 

 

 

 

 

これが外壁塗装の工事の一連の流れになります。

このほかに屋根塗装やベランダの防水などありますが基本的な流れは上記のような流れになります。

外壁塗装の工事では基本的に在宅の必要がないので外出の予定などスケジュールを組みやすいと思います。

一般的な戸建ての住宅であればおおよそ2週間くらいが工事の期間になります。

外壁塗装をお考えの方は工事の流れを知っておく良いでしょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。