外壁塗装に必要な現地調査

外壁塗装を行う前に必ず必要になるのが現地調査です。

まず現地調査を行わなくては外壁塗装の正確な見積りの作成が出来ません。

外壁塗装を行うにあたり現地調査が必要なのは建物の状態を知ることから始まります。

建物の状態をみてどのような症状が出ているのか、どんな形状・素材を使用してのかを現地で診断を行っていきます。

現地調査で確認する部位

実際の現地調査では屋根・外壁、樋や破風、シーリングといった部分の状態を確認していきます。

ベランダ内の床も調査対象として防水に問題がないかなどを確認します。

確認する際には対象箇所の写真を撮ったり、寸法などを測っていきます。

 

現状の状態を確認

確認する際のポイントとしては塗装の剥がれや膨れ、光沢具合や塗膜の劣化が起きていないかどうかを診ていきます。

現地調査を行うことによってどのような塗料を使用するのが適しているかなど実際の現地を確認することで判断が出来ます。

また現地調査の際にヒアリングを行いどのような工事を望んでいるのか分からないことは何かなどお客様と対話することで適正な見積書を作成することができます。

外壁塗装の現地調査をお願いしたからと言って必ず工事を行わなくてはならないということではないのでご自身の建物の状態が気になったらまず現地調査の依頼をしてみましょう。

ほとんどの業者が現地調査は無料で行っているので近くの業者に現地調査を依頼するといいでしょう。

 

お問い合わせ

 


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。