吹付の外壁塗装の塗替えは下地処理と下塗りが大事【モルタル外壁】

住宅の外壁塗装では大きく分けてサイディング、モルタルの2種類が主流となっています。

モルタルの外壁のほとんどが仕上げに吹付塗装やジョリパットなどのコテなどを使用して仕上げを行う意匠塗装になっています。

今回は吹付け塗装で仕上げを行っているモルタル外壁の外壁塗装の塗替えについてフォーカスを当てていきます。

吹付の塗装には吹付リシン、吹付タイル、スタッコ、ジョリパットなど様々な種類の吹付があります。

モルタルの外壁は劣化がはじまってしまうとひび割れや塗装の劣化による防水機能の低下が如実に現れてしまうのが特徴です。

サイディングの外壁と違いひび割れさえ起きなければ雨漏りが発生しにくい外壁でもあります。

塗装で外壁を保護コーティングしているような状態なので塗替えのメンテナンスが必ず必要になってきます。

モルタルの外壁塗装を行う際に注意しなければならないのが下地処理と下塗り材の選定になります。

下地処理について

下地処理で特に重要なのがひび割れ補修です。

高圧洗浄で汚れをしっかり落とすことももちろん重要ですが、ひび割れの処理は特に重要です。

ひび割れにはヘアークラックと構造クラックがあります。

ヘアークラックは細いクラックなので下塗り材に使用するフィラーで簡単に埋めることが出来ますが、構造クラックの場合はひび割れの深さが違うのでフィラーで刷り込む程度では直すことはできません。

補修の方法は電動サンダーで切込みを入れてシーリングで補修を行います。

シーリングで補修を行う事によって弾力性動きに対応するので今後のひび割れの発生を抑えることができます。

このような補修を行う事で雨漏りの発生を予防することができます。

無視することのできない外壁塗装のひび割れ【ヘアークラック、構造クラック】

 

下塗り材の重要性

下塗りに使用する材料の選定は工法により異なってきますが基本的には微弾性フィラーと呼ばれる下塗り材を選定するのがいいでしょう。

微弾性フィラーはヘアークラックのような小さなひび割れを埋めることができ伸縮性があるので小さなひび割れや塗膜の動きに対して追従する性質があります。

シーラーと呼ばれる下塗り材がありますがこの材料は小さなひび割れを埋めることが出来ませんので早い段階で細かいひび割れが目立つようになってしまいます。

微弾性フィラーでは通常の薄塗り工法と厚塗り工法と2種類あります。

薄塗り工法

薄塗り工法では上塗りローラーに使用するウールローラーで下塗りを塗っていきます。

微弾性フィラーは上塗り塗料などに比べると粘度が高いので規定量以上の水で薄めない限りある程度の厚みが付きます。

厚塗り工法

厚塗り工法はウールローラーではなくマスチックローラー(砂骨ローラー、多孔質ローラー)と呼ばれる特殊なローラーで模様を付けながら厚みを確保していきます。

通常のウールローラーよりも厚みが付くのでひび割れにも強く防水性の高い下塗りになります。

砂骨ローラーで行う外壁塗装

材料も通常よりも多く使いますので費用は割高になります。

吹付の外壁塗装を行う際にはひび割れなどの下地処理や下地に合った下塗り材の選定が重要になります。

見積りを取った際に下塗りがどのような塗料を使用するのか、下地の処理はしっかりと行うかどうか内容を確認するようにしましょう。

 

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。