サイディングの外壁塗装を行う場合の注意点【直貼りサイディング】

サイディングの外壁

サイディングの外壁塗装を行う場合にはいくつかの注意点があります。

まずサイディングが直貼りで行われていないかどうかが重要になります。

直貼りサイディング

直貼りは壁との隙間が狭く通気がほとんどできていない状態の為、中の湿気が溜まりやすくなっています。

そのため塗替えを行ったときに塗膜がうまく呼吸できないので湿気を溜めたままの状態になり結果塗膜を押し出す状態になり所々膨れてしまいます。

塗膜の厚みが厚いほど膨れてしまいます。

また塗料もシリコンやウレタンのような柔軟性のある塗料を使用すると膨れやすくなってしまいます。

直貼りのサイディングの場合はできればフッ素などの硬い塗料を使用することをお勧めします。

サイディングにしてある表面加工

次に最近のサイディングではフッ素光触媒などの加工が施されており、塗替えを行う際の下塗りに気を付けなくてはなりません。

通常のサイディングの塗替えで使用するような下塗り材ではフッ素や光触媒加工が施されているものには密着しないので専用の下塗り材を使用する必要があります。

適正な下塗り材で塗らないと後々剥がれの原因にもなりますので注意が必要です。

サイディングの外壁塗装は状態を見分けるのが非常に難しいものなので上記のことを意識して外壁塗装を行うようにしましょう。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。