外壁塗装のシーリングの耐久年数

シーリング

外壁塗装には塗装以外にもシーリングというものがあります。

シーリングはサイディングと言われる外装材のつなぎ目やサッシ廻りに使用されています。

シーリングにはクッションのような役割があるのでサイディングが割れないようにしたりひび割れの発生を抑制するために建物にシーリングを充填する目地が設けてあります。

外壁塗装にも耐久年数がありますがシーリングにももちろんのこと耐久年数があります。

建物の形状や立地また建物にあったシーリングを使用することで耐久年数は変わりますが基本的には5年〜7年程が耐久年数になってきます。

毎回シーリングを行うためだけに足場を組んで行うのは費用がかかり過ぎてしまうので外壁塗装を行うタイミングで行うのがいいでしょう。

もしシーリングが劣化してしまい雨漏りが発生しそうな場所があれば補修もできるので部分的な補修を行うのもいいでしょう。(あくまでも応急処置)

最近のシーリング材では耐久年数が10年以上と高耐久のシーリング材も出てきています。

外壁塗装の耐久年数と併せてシーリングの耐久年数も知った上で外壁塗装を行うとより建物をいい状態にできるでしょう。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

耐久年数20年のシーリング材


ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。