サイディングのシーリングの打ち替えは必要?

サイディングシーリング

サイディングにはサッシ廻りや目地と呼ばれる箇所にシーリングが施されています。

外壁塗装と同じようにシーリングにも寿命がありますので当然メンテナンスが必要となってきます。

サイディングのシーリングの打替えは本当に必要なのか?

サイディングに使用されるシーリングの意味や劣化の原因などあわせて詳しく解説していきます。

 

1.サイディングのシーリングの意味

サイディングのシーリングには雨漏りやサイディング材を守るためにシーリングが施されています。

サイディングのシーリングは劣化してきてしまうと弾力性を失い、シーリング自体が硬くなってしまいます。

弾力性を失ったシーリングは破断を起こしてサイディング材とシーリングとの間に隙間が出来てしまい雨漏りの原因やサイディング材の割れや破損につながります。

 

2.シーリングの劣化の原因と症状

シーリングは様々な要因から劣化がはじまります。

シーリングの劣化の症状の出方も様々です。

 

2-1.劣化の原因

シーリングは紫外線や寒暖差、熱、雨、湿気、風、地震などの要因から劣化してしまいます。

日当たりのいい場所と日が余り当たらない場所では劣化するスピードも変わってきます。

経年劣化と呼ばれる原因はこれらの自然の影響によるものがほとんどです。

 

2-2.劣化の症状

シーリングの劣化の症状は剥離、破断、表面劣化(痩せ・ひび割れ)、硬化が主に症状としてあらわれます。

建物の構造や立地条件、シーリング材の種類など症状の出方は様々ですが、症状として多く見られるのが破断になります。

 

3.シーリングの打替えと増し打ちについて

シーリングには打替えと増し打ちの2つの施工方法があります。

 

3-1.打ち替え

打ち替えはもともとあるシーリングを撤去して新しくシーリング材を充填する方法です。

 

3-2.増し打ち

増し打ちは既存のシーリングを撤去せずにそのままシーリングを被せる方法です。

 

4.打替えと増し打ちどちらを選ぶべきか

サイディングのシーリングは主に目地とサッシ廻りに施されており、いずれも劣化した際にシーリングを行う必要があります。

この時に打替えか増し打ちの選定を行うことになります。

 

4-1.目地のシーリング

目地のシーリングは増し打ちで行ってしまうと適正なシーリングの厚みが確保できずにすぐにめくれたり破断してしまいます。

目地のシーリングは打替えで行うのが正しい方法です。

 

4-3.サッシ廻りのシーリング

サッシ廻りのシーリングはシーリングの厚みが適正に確保できれば増し打ちでも問題ありません。

厚みが確保できない場合には打替えで対応する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サイディングのシーリングは雨漏りに密接な関係がありますので、その部位に合う適正な方法でシーリングを行う必要があります。

ご自身の建物で劣化の症状が見られたらすぐに業者へ相談するようにしましょう。

 


ブログをご覧いただきありがとうございます。

西東京市の外壁塗装専門会社プロタイムズ西東京田無店|株式会社幸成です。

プロタイムズ西東京田無店では西東京市を中心に地域密着で外壁塗装・屋根塗装を行なっております。

外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

プロタイムズ西東京田無店|株式会社 幸成

〒202-0023 東京都西東京市新町5-9-15

【フリーダイヤル】 0120-966-128

【FAX】 042-238-9159

【HP】 https://www.kosei-gaiheki.jp/

 

 

プロタイムズ西東京田無店

創業から30年、西東京市の外壁塗装でお悩みの方は

「プロタイムズ西東京田無店」へぜひお任せください!!

西東京市を中心に外壁塗装を行っているプロタイムズ西東京田無店では地域密着で地元の外壁塗装を行なっております。皆様に安心して頂ける様に外装劣化診断士による建物診断やライフプランに合わせた複数の御見積りをご提出しております。