付帯部分はフッ素塗料がおすすめ【雨樋・破風】

塗料のグレードは外壁や屋根に目が行きがちですが、外壁と同様に長くきれいな状態を保つためには付帯部分も耐久性・耐候性の高い塗料を使用するのがおすすめです。

付帯部分というのは雨樋や水切り・破風といった外壁以外の部材のことをいいます。

付帯は外壁と違い塗装を行っても外壁よりも劣化するのが早いものになります。

せっかく外壁にいい材料を使用しても付帯がグレードの低いものだと年数が経ったときに外壁はきれいだけど付帯は劣化している印象を受け残念な印象になってしまいます。

付帯部分もできるだけ長い間きれいな状態を保つためにはフッ素塗料で塗ることをおすすめします。

フッ素塗料は硬い樹脂でできているので耐久性や汚れに強く光沢性も高いので長い間きれいな艶を保ってくれます。

フッ素塗料の難点は材料の価格が高いところにあります。

メリットの方がとても多いフッ素塗料ですのできれいな状態を長く保ちたい方にはおすすめの塗料です。

お問い合わせ

ただ塗り替えるだけではない「防水を意識した外壁塗装」



西東京市を中心に外壁塗装を行っているKOSEIではただ塗り替えるだけではなく防水性を意識した外壁塗装のご提案をしています。
他の塗装業者よりも防水業者の強みを活かした外壁塗装を行っています。
きれいにするのは当たり前、雨漏りに強い建物に塗り替えるのが私たちの強みです。