屋根リフォームのカバー工法について

カバー工法

屋根のリフォームには塗装以外にカバー工法という工法があります。

屋根の塗装とは違う方法で屋根のリフォームを行います。

この記事では屋根のカバー工法がどういったものなのか、塗装葺き替えとの違い、メリットやデメリット、費用感など解説していきます。

屋根を長持ちさせたい方はぜひ参考にしてください。

1.屋根のカバー工法とは

カバー工法とは既存の屋根の上に新しく屋根を被せる工法です。

施工方法は屋根の上に防水シートを貼り、その上に新しい屋根材を被せていきます。

いまある屋根を壊さずに行え、葺き替えよりもリーズナブルに施工ができます。

施工期間も葺き替えと比べ比較的短い期間で終わります。

2.カバー工法を採用できない屋根

カバー工法はすべての屋根に対して適用ができるわけではありません。

屋根の状態や既存の屋根材の種類によってはカバー工法では対応できない場合があり、その場合には塗装葺き替えなどで対応しなくてはなりません。

2-1.屋根材が瓦屋根の家

既存の屋根材が瓦屋根の場合カバー工法で屋根のリフォームを行うことは基本的にはできません。

仮に行えたとしても瓦自体にかなりの重量があるためその上に屋根材を乗せてしまうと耐震的に問題が生じてしまう可能性があります。

瓦屋根は耐久性がとても高いため基本的にはメンテナンスが不要な屋根材になります。

瓦屋根をリフォームする場合は、葺き替えになります。

2-2.屋根の下地が傷んでいる

屋根材の下には野地板と呼ばれる木製の板が敷いてあります。

野地板が雨漏りや何らかの影響で腐食してしまうと新しい屋根材を固定できなくなってしまうのでカバー工法を行うことができません。

下地が傷んでいる屋根の場合は、葺き替えによる工事になります。

3.カバー工法が採用される理由

カバー工法を採用するには様々な理由があります。

3-1.塗装ができない屋根である

住宅にある屋根のすべてが塗装できるわけではありません。

特に2000年代の初めの頃に新築の屋根に採用されていたスレートの屋根材は耐久性に問題があり塗装で対応するのが難しい屋根があります。(代表的な屋根材がニチハのパミールやコロニアルネオと呼ばれる屋根材です)

こちら↓の記事を参考にしてみてください。

塗装できない屋根!コロニアルNEO【ノンアスベスト屋根】

屋根塗装で塗装してはいけない屋根材【ニチハ パミール】

3-2.20年以上メンテナンスをしていない屋根

新築時から20年以上塗装が必要な屋根のメンテナンスを一度も行っていない屋根は塗装で対応することが難しくなります。

激しく劣化してしまった屋根材は仮に塗装を行なったとしても屋根材自体の耐久性が元に戻ることはありません

せっかく塗装をしても割れや欠けなどの症状が出てきてしまう可能性があります。

※屋根材は割れや欠けが発生してしまうと屋根材の下に敷いてある防水シートが劣化しやすくなり破れたりしやすくなり雨漏りの原因となってしまいます。

3ー3.メンテナンスを不要にしたい

屋根の塗装では10年に一度を目安にメンテナンスを行う必要がありますが、

カバー工法ではメンテナンスを行う必要がなく20年〜30年メンテナンスを不要にすることができます。

メンテナンスを必要としない方によく採用されます。

4.カバー工法のメリット

カバー工法にはメリットがたくさんあります。

カバー工法を選ぶ基準にもなりますので詳しく解説していきます。

4−1.耐久性が高い

カバー工法の大きなメリットは耐久性が高いことです。

屋根の塗装では10年が耐久年数の目安になりますが、カバー工法で使用する屋根材は20〜30年以上の耐久年数を超えるものが多く、カバー工法を選んだ方がメンテナンスの回数を大幅に減らすことができます。

メンテナンスの回数を減らせることで費用を抑えることができ長期的な目線でコストを減らすことができます。

4−2.屋根の機能が向上する

カバー工法は既存の屋根に新しく屋根を重ねるので二層構造となり、断熱性遮音性防水性などが向上します。

夏の暑さや雨音に悩まされている家ではそれらを軽減することができます。

4−3.長期的な費用の軽減につながる

カバー工法は葺き替えとは違い屋根材の撤去にかかる費用や処分費が不要になります。

またそれらにかかる人件費などがないことからコストを抑えて新しい屋根に変えることができます。

既存の屋根材よりも耐久性の高い屋根材に変わるので長期的な費用の削減につながります。

4−4.屋根のイメージを変えられる

カバー工法では様々なデザインの屋根材が販売されています。

屋根材のメーカーもたくさんあるのでその中から気に入ったデザインの屋根材を選ぶことができます。

今の印象を変えたい方はカバー工法はおすすめです。

5.カバー工法のデメリット

カバー工法は機能面などメリットの方が多いですが、デメリットもあります。

カバー工法を検討する上でデメリットをよく理解しておきましょう。

5−1.火災保険が下りない可能性がある

強風や雪の影響で破損してしまった屋根を火災保険を利用してもカバー工法では申請が下りない可能性が非常に高くなります。

火災保険の対象は元の状態に戻すことが原則です。

5−2.下地が劣化していると対応できない

カバー工法では下地が劣化している場合、カバー工法で対応することが難しくなります。

屋根の雨漏りで下地が腐食している場合、新しい屋根材を固定する釘を打てなくなります。

下地が悪い場合はカバー工法ではなく葺き替え工事になります。

6.カバー工法の施工〜完了までの流れ

カバー工法が実際にどのように行われているのかを実際の施工を写真付きで解説していきます。

6−1.施工前

カバー工法を行う前の様子です。

屋根材の色褪せなどが目立ちます。

カバー工法施工前

 

 

 

 

 

6−2.棟板金の撤去

屋根材が重なり合う部分に雨水が浸入しないように板金でカバーをしてありますが、カバー工法の場合板金を撤去していきます。

カバー工法棟板金撤去

 

 

 

 

 

6−3.防水シート(アスファルトルーフィング)の敷き込み

雨水が浸入しないようにアスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートを全面に敷いていきます。

カバー工法では特に重要な作業になりますので丁寧な作業が求められます。

防水シート

 

 

 

 

 

6−4.屋根材の固定

全面に敷き込んだ防水シートの上に新しい屋根材を取り付けていきます。

棟板金も同様に新しいものを取り付けていきます。

屋根材取付け

 

 

 

 

 

6−5.施工完了

一連の流れを終えて屋根のカバー工法の完了です。

カバー工法完成

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

屋根のリフォームには塗装や葺き替え以外にもカバー工法というメンテナンス方法があるというのはお分かりいただけたと思います。

「カバー工法」は屋根の葺き替え工事と違い既存の屋根の上に新しく屋根を被せることで、屋根の撤去にかかる費用や処分費などの費用を抑えることができます。

塗装で行うよりも高い耐久年数を期待できるため長期的に考えた場合コストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。

屋根の状況によってはカバー工法を採用できない場合もありますので一度業者に相談して屋根の状態をみてもらうようにしましょう。


ブログをご覧いただきありがとうございます。

西東京市の外壁塗装専門会社プロタイムズ西東京田無店|株式会社幸成です。

プロタイムズ西東京田無店では西東京市を中心に地域密着で外壁塗装・屋根塗装を行なっております。

外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


プロタイムズ西東京田無店|株式会社 幸成

〒202-0023 東京都西東京市新町5-9-15

【フリーダイヤル】 0120-966-128

【FAX】 042-238-9159

【HP】 https://www.kosei-gaiheki.jp/

 

お問い合わせ

 

プロタイムズ西東京田無店

創業から30年、西東京市の外壁塗装でお悩みの方は

「プロタイムズ西東京田無店」へぜひお任せください!!

西東京市を中心に外壁塗装を行っているプロタイムズ西東京田無店では地域密着で地元の外壁塗装を行なっております。皆様に安心して頂ける様に外装劣化診断士による建物診断やライフプランに合わせた複数の御見積りをご提出しております。