外壁塗装でよく起こるトラブルとは?

トラブル

外壁塗装は工事の始めから完了までに発注者、近隣住民、施工業者など様々な人々が関わってきます。

外壁塗装を行っていく中でトラブルが発生する場合もあります。

その中でもよく起こるトラブルが塗料のニオイ、足場組立時の騒音などが挙げられます。

塗料のニオイは溶剤系の塗料を使用した際に起こるトラブルでシンナー系のニオイがするため建物が密接しているような場所ではニオイがこもりがちになるので臭いといったクレームが来ることがあり工事を中断せざるを得ない状況になることがあります。

外壁は面積が大きな部分ですのでできれば水性系の塗料を使用して近隣配慮に努めることが必要です。

足場組立時には鉄製の物で足場を組み上げていくので、金属どうしがぶつかったり、またビケ足場と呼ばれるハンマーを使用して組み上げていくような足場では大きな音がするので事前に近隣などに説明がないまま行われてしまうとトラブルに発展してしまう事があります。

このようなトラブルを未然に防ぐためには近隣挨拶を行う際に大きな音がしてしまう事の説明や工事のお知らせを文書で作成し近隣に配布することがとても重要になります。

ある程度のトラブルは未然に防げることなので施工業者がしっかりと近隣配慮が出来ているか、発注者に対して説明が出来ているかどうかそういったところを注意してみるようにしましょう。

お問い合わせ